クイーンズタウンに行ったらクッキータイムの直営店へ!焼きたてクッキーが食べられちゃうよ

ニュージーランド クイーンズタウン クッキータイム ニュージーランドの観光情報
スポンサーリンク

ニュージーランドのお土産として大人気の「クッキータイム」。スーパーはもちろん、個人経営の雑貨店みたいなところでも売られていて、キウイ(NZ人)はみんな好きです。

職場でもみんなで食べるおやつに置いてあることが多いよ。

クイーンズタウンにある直営店は、できたてのクッキーやオリジナルスイーツ、お土産も買えるのでおすすめ。

今日はクイーンズタウンのクッキータイム直営店についてご紹介します。

ニュージーランドのクッキータイムって?

ニュージーランドのクッキーと言えばこれしかない!なクッキータイム。歴史は古くて、1983年クライストチャーチで誕生したそうです。

マイケル&ガイ、2人の兄弟は”人々を笑顔にすることができるクッキーを広めたい!”と日々考えていました。そこでホームメイドならではの大きなゴロゴロとしたチョコレートチャンクがたっぷりと入ったクッキーレシピを開発。

クッキータイム 公式ホームページ

公式ページで紹介されている通り、チョコレートチャンク(塊)がたっぷり入っていてザクザクしているのが特徴。

夫

チョコチップよりもチョコの存在感が大きいです。

チョコ「チャンク」だからね。

なぜかわからないけどお土産として超人気で、スーパーに行くと大量に買っている観光客と思しき人をよく見かけます。

夫
 

個包装になっているのでバラマキ土産にもぴったりだからかな?

クイーンズタウンに来たら寄ってみて!クッキータイム直営店4つの魅力

そんなクッキータイムの直営店が、NZ随一の観光地・クイーンズタウンの中心地にあります。その魅力は、

  • 焼きたてのクッキーが味わえる
  • オリジナルメニューを楽しめる
  • 可愛いパッケージのクッキーやグッズが購入できる
  • お店のインテリアが可愛い

こんなところでしょうか。順番にご紹介していきます。

①焼きたてのクッキーが味わえる

ニュージーランド クイーンズタウン クッキータイム

わたしの写真の撮り方が下手なんですが…奥でスタッフがオーブンに向かっているのが見えるでしょうか?

スーパーなどと異なり、クイーンズタウンの直営店ではできたてが食べれちゃうんです!カウンターにはいろいろな味のクッキーが並んでいて、どれを選ぶか目移りしちゃいます。

時間帯によっては1個の値段で2個ゲットできるなんてお得なセールをやっていることも。

②オリジナルメニューを楽しめる

焼きたてのクッキーが楽しめる!とは言え、わたしが行った時クッキーを購入して食べているお客さんはほとんどいませんでした。

なぜならオリジナルメニューこそが直営店の魅力だから!

ニュージーランド クイーンズタウン クッキータイム

牛乳ビンの上にマシュマロをクッキーでサンドしてチョコでコーティングした「ミルクボトル(Millk bottle- Milk& Smore combo $10)」とか、※牛乳ビンは持ち帰りOK!何種類かあるデザインから選べます。

ニュージーランド クイーンズタウン クッキータイム

見た目のかわいさ抜群のシェイク(写真は「塩キャラメルシェイク(Salted caramel flake shake $10)」とか、※特にオススメ!シェイク系は見た目も可愛く、頼んでいる人が1番多かったです。

ニュージーランド クイーンズタウン クッキータイム

クッキーを焼く前の生地をアイスクリームコーンにのっけた「タイニークッキードーコーン(Tiny cookie dough cone $10)」とか、※クッキーよりも甘いです!甘いの苦手な人はクラクラしちゃうかも。

とにかくここでしか食べられないようなスイーツがいっぱいです!

それに味をしめて2日間通ってしまった…。

ただ、味は超甘いので覚悟が必要。特にクッキードーは舌がおかしくなるんじゃないか!?と思うくらい甘かったです。

夫
 

誰かとシェアするくらいがちょうどいいかもしれません。

③可愛いパッケージのクッキーやグッズが購入できる

クッキータイムのクッキーと言えば、このパッケージがメジャー。

でもクイーンズタウン直営店ではほかにもいろいろなパッケージが販売されています。

ニュージーランド クイーンズタウン クッキータイム

サイズや個数に応じて、お土産にぴったりなサイズが選べるのは嬉しいところ。

ニュージーランド クイーンズタウン クッキータイム

他にはグッズも充実していて、パーカやTシャツ、アイマスクにパンツなんかも売られていました。クッキータイムファンにはたまらない…のかな?

④お店のインテリアが可愛い

お店のインテリアは、クッキータイムの世界観ばっちり。

ニュージーランド クイーンズタウン クッキータイム

店の前にいるマスコットキャラクター、クッキーマンチャー(Cookie Muncher)とか、

わたしはずっとクッキーモンスターだと思ってたけど、それはセサミストリートの青いやつですよね…。でも店の前を通り過ぎた欧米人も「クッキーモンスターがいる!」と言っていたので、やっぱりややこしいと思う。

ニュージーランド クイーンズタウン クッキータイム

ど派手なイラストが施された車とか(子どもが喜んでハンドル回してた)

ニュージーランド クイーンズタウン クッキータイム

壁紙も可愛く、よく旅行地で見る「◯◯まで▲▲km」みたいな標識も。ちなみにParadiseっていうのは、本当にそんな名前の地名があるんです。

ニュージーランド クイーンズタウン クッキータイム

本物のクッキーマンチャーはジェットボートに行っていてお留守だそうです。

夫

子ども連れは特に楽しいかもね!

わたしたちも(年甲斐もなく)楽しみました。

クイーンズタウンは自然を楽しむ場所だと思うけど、ここは数少ないマストゴーな飲食店だと思います!特に甘いものが好きな方は是非お試しあれ。

クッキータイムクイーンズタウン店の基本情報

Cookie Muncher Cookie Bar
18 Camp Street, Queenstown
営業時間:8:00 – 10:00(定休日なし)

シティの中心地にあるので、街中を観光すればすぐに見つけることができます!

クッキータイムクイーンズタウン店は混んでる?

ずばり、時間によりけりだと思います。

わたしが初日に行った時はまだ早い時間で(18:00前)人もまばらでしたが、2回目行った時(19:00過ぎ)は店の外まで並ぶほどの大行列でした。

並んだ時間は10分くらいだったかな。並ぶのが嫌いな人は、早めに行くのがいいかも。

実はクイーンズタウンじゃなくて、あそこにも直営店が!

ここまで散々「クイーンズタウンへ旅行に行ったらクッキータイム」と書いてきましたが、実は意外なところにもう1つ直営店があるんです。

それは原宿!

日本にあるんだ!

NZ以外で初めての直営店として、2013年に原宿にオープンしたそうです。

売っているものなどはほとんど同じみたいですが、機会があったら行ってみるのも楽しそうですね!

関連記事はこちら

▼ニュージーランドのお土産についてまとめています。

スーパーで買える、おすすめのニュージーランド土産10選
ニュージーランドでお土産どうしよう?迷った時におすすめしたいのが、スーパーマーケット。バラマキ土産にも使える、スーパーで買えるニュージーランド土産を7つ紹介します!

▼クイーンズタウンのその他のグルメについては、こちらの記事にまとめています。

404 NOT FOUND | ひつじ日和
ニュージーランドで暮らしてみた、生活・美容・旅行のあれこれ

▼クイーンズタウンの観光情報についてはこちらへ。モデルコースなどが参考になると思います。

404 NOT FOUND | ひつじ日和
ニュージーランドで暮らしてみた、生活・美容・旅行のあれこれ

よろしかったら是非ご覧ください!

コメント