0歳児におすすめの英語絵本!読み聞かせできるものを紹介します

0歳児 英語 読み聞かせ 絵本 子育て
スポンサーリンク

この記事では、0歳児の読み聞かせにおすすめの「英語絵本」をご紹介します!

Amazonで購入可能な本ばかり+赤ちゃん向けのベーシックな内容なので、一緒に読んでも楽しいはず。

英語教育に興味がある人は是非読んでみてくださいね。

0歳児に英語絵本の読み聞かせするメリットは?

この章で書いてあることは、あくまでも私が勝手に思っていることです。そうじゃないよ!と思う人もいるかもしれませんが、一個人の考えとして捉えていただければ幸いです。

0歳から英語絵本を読み聞かせするメリットは、ずばり英語を身につけやすくなるからだと思っています。

個人的に、「言葉を学ぶのは早ければ早いほどいい」という考えに賛成で。

子ども、特に幼少期は、私たち大人が言葉を「学ぶ」のとは異なり、言葉を「吸収する」力がありますよね。

生後の1年間は複数の言語の情報をスポンジのように吸収し、7才までならいくつかの言語を母国語並みに話せるようになる可能性があると紹介しました。
赤ちゃんは「コミュニケーション」から言葉を覚える?|スカイプでオンライン子供英会話ーリップルキッズパーク

赤ちゃんはまだ喋れませんが、大人の言っていることを(100%ではないにしろ)理解しており、それを真似しようとして、発語につながります。

赤ちゃんが言葉を話せるようになるのは、それまでにお母さんを始めとした大人たちの会話を聞いているからです。大人たちの会話・言葉というインプットがあって、赤ちゃんの脳は得た情報を整理・統計し、自分の中に蓄えていきます。
赤ちゃんは「コミュニケーション」から言葉を覚える?|スカイプでオンライン子供英会話ーリップルキッズパーク

ということで、「赤ちゃんに英語なんてまだ早い」という方もいるかもしれませんが、そんなことは全くなく、赤ちゃんのうちから色々な言葉に触れることは重要なんじゃないかなと思います。

とは言え、英語の絵本ってハードルが高いという人もいるかもしれません。

ただ、赤ちゃん用の絵本は単語のみ(「Apple」とか「Shoes」とか)でシンプルなものが多いので、一緒に楽しめると思います。

また、有名な絵本だとYoutube等で音読している動画があるので、それを流しつつ絵本をめくってみてもいいかもしれません。

0歳児の読み聞かせおすすめ!英語絵本

  • 海外在住で図書館などで英語絵本をたくさん借りて読んでいる
  • 保育士として0歳児クラスで勤務している

経験を踏まえつつ、実際に家で自分の子どもに読み聞かせて楽しめた0歳児向け英語絵本をご紹介します。

First 100 words

「はじめての単語100」系の絵本は他にも読んでみたんですが、王道のこの本が1番おすすめです!

  • イラストではなく写真(本物と同じなので、実物を見たときにリンクしやすい)
  • テーマ別になっているので、途中から読み始めても読み終えてもいい

最初はあまり興味がなさそうでしたが、何回か読んでいるうちに自分でページをめくって絵をじっと見るようになりました。

The very hungry caterpillar

※Youtubeで音読動画あり

超王道なので説明不要、「はらぺこあおむし」

赤ちゃんには早いかな?と思いましたが、楽しそうに絵を見たりストーリーを聞いたりしています。

数・色・曜日・食べ物・青虫→ちょうちょへのライフサイクルなど、いろんなことが学べるのがいいですよね!

上のリンクのように、英語と日本語両方で書かれているバージョンがあるので、それだと2言語で楽しめるのでおすすめです。

エリック・カールなら「Brown bear, brown bear, what do you see?」も赤ちゃんにおすすめです!

Where’s Spot?

¥1,031 (2022/03/16 07:38時点 | Amazon調べ)

※Youtubeで音読動画あり

日本語だと「コロちゃんはどこ?」ですが、英語だとコロちゃんはSpot(スポット)という名前です。

なぜコロちゃんという名前になったのか、不思議。

それはともかく、1番クラシックなこの本はしかけを楽しみながら、Underなどの前置詞が学べるのが◎

Dear Zoo

¥884 (2022/03/16 07:40時点 | Amazon調べ)

※Youtubeで音読動画あり

これも王道中の王道ですね。

日本語訳だと「おとどけものです」ってタイトルみたいです!

ページをめくったり引っ張ったりする仕掛けタイプと、ざらざら・ふわふわの素材が使われている仕掛けタイプがありますが、赤ちゃんだと後者のほうが好きかな?と感じました。

That’s not my… シリーズ

¥1,453 (2022/03/16 07:41時点 | Amazon調べ)

同じく仕掛け絵本で言えばこちらもおすすめ。

ページによってツルツル・ざらざら・ふわふわ・キラキラなどの感触が仕掛けられており、触って楽しんで読むことができます。

形容詞を学べる(Soft/Roughなど)のもいいですね!

本当にたくさん種類が出ているので、好みのものをいくつか選んでみるのがおすすめです。

DK社のBaby Touch and Feel シリーズ

¥1,010 (2022/03/16 07:43時点 | Amazon調べ)

こちらも仕掛け絵本の1つです。

That’s not myシリーズと同様、ページごとに様々な感触が仕掛けられています。

あと、この絵本はイラストではなくリアルな写真を使用しているのもいいと感じるポイント。

イラストもいいですが、お話系ではないもの(図鑑など)はリアルな写真のほうが実物とリンクできていいんじゃないかな?と思っています(個人的な考え)。

DK社のBaby’s Firstシリーズも、春節やホーリー(インドのお祭り)などを題材にしており、世界の文化を学べるのでおすすめです!

Making Faces: A First Book of Emotions

¥1,008 (2022/03/16 07:44時点 | Amazon調べ)

Happy・Sad・Angryなどの感情を学べる絵本です。

これも実際の赤ちゃんの顔写真なので、よりリアルに学べると思います。

私が真似して怒ったり泣いたりすると嬉しそうにしています。

なぜかびっくり~!の顔をするといつも爆笑。そんなに面白いのか…。

最後のページに鏡がついていて、自分の顔を見て楽しめるのもいいと思います。

0歳児の英語絵本、楽しく読み聞かせしてみよう

以上、0歳児におすすめの英語絵本でした。

どれもAmazonで購入できるので、気になる方は是非参考にしてみてくださいね。

子育て知育・おもちゃ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひつじ日和

コメント