ニュージーランド土産にぴったり!FIX&FOGGのピーナッツバターが美味しい

FIX&FOGG ピーナッツバター ニュージーランド生活
スポンサーリンク

ニュージーランド旅行のお土産といえば、マヌカハニーやラノリンクリームなんかが有名。確かに「ザ・ニュージーランド!」って感じですよね。

それはそれでいいんだけど、「誰も知らないようなお土産を買っていきたいなあ…」という人におすすめしたいのが「FIX&FOGG」のピーナッツバター

なぜそんなにおすすめなのか・購入場所・食べ方などをご紹介します!

「FIX&FOGG」はウェリントン生まれのピーナッツバター

ニュージーランド国内でも最近人気が出てきている、「FIX&FOGG」のピーナッツバター。首都ウェリントンで、弁護士だったカップルが5年前にビジネスを始めました。

「美味しくて、サステイナブルで、意味のあるものを創造したい」という2人が、いい材料を使って作ったピーナッツバターは大人気に。

今ではニュージーランド中で販売されているだけでなく、オーストラリアやアメリカ、シンガポールにフィリピンでも販売されています。

公式サイトはこちらから(英語)!

FIX&FOGGのピーナッツバターを食べてみた感想

なかなか買うことがなかったFIX&FOGGのピーナッツバターですが、スーパーでちょっと安くなっているのを見つけて思わず購入。1つ$6(約420円)、他のピーナッツバターと比べてもそんなに割高感はありません。

FIX&FOGG ピーナッツバター

わたしが購入したのはダークチョコレート味。75%のダークチョコレートが含まれています。

蓋をあけるとピーナッツの匂いがふんわりと

蓋を開けるとこんな感じ。ピーナッツのつぶつぶ感が写真からもわかりますよね。

このとき驚いたのがその匂い。チョコレートの匂いがするのかな…と思っていたのですが、開けた瞬間ピーナッツのいい匂いがふんわりと漂ってきました。

…お腹減ったなあ。

スプーンですくってみると、よりピーナッツのツブツブ感がわかりますよね。ニュージーランドのピーナッツバターは「Smooth(滑らか)」と「Crunchy(ザクザク)」にわかれていますが、これはザクザクタイプ。

日本のピーナッツバターは滑らかタイプが多い気がする。わたしは食べ応えがあるので、ザクザクのほうが好きです。

食べてみるとリッチな味わいにうっとり

食パンに塗って食べてみました。

まず最初に感じたのが、「高級なピーナッツバターの味がする!」ってことです。笑 ピーナッツバターもダークチョコレートも超濃厚。ずっしりと食べ応えがあります。

よく味わうと、チョコの甘みが感じられます。でもピーナッツの香ばしい味も感じられて、そのさじ加減が程よくてたまらない。

結局夢中で食べてしまいました。思った以上にリッチな感じの味で、普段買っているスーパーの安物とは全然違いました!美味しかったなあ。

FIX&FOGGのピーナッツバターがお土産にぴったりな理由4つ

1度ですっかりFIX&FOGGのピーナッツバターにはまってしまったわたし。もちろん自分で食べるのにもいいけど、お土産によさそう!とスーパーに舞い戻り、一時帰国用に買いだめ。

FIX&FOGGのピーナッツバターをお土産として買うメリットは次の4つ!

①高級ピーナッツバターの味がして美味しい!

繰り返しますが、スーパーで売っているピーナッツバターよりも数倍美味しいです。

特に日本だとピーナッツのツブツブ感がないものが多いので、FIX&FOGGのピーナッツバターはユニークなはず。

②いろいろなフレーバーがある

ピーナッツバターというと「甘い」というイメージがあるかもしれませんが、FIX&FOGGはしょっぱい系も含めていろいろな味を販売しています。

  • フルーツトースト(りんご・レーズン・シナモン入り)
  • スモークアンドファイア(パプリカ・唐辛子入り)
  • コーヒーアンドメープル(そのままコーヒー・メープル入り)
  • エブリシングバター(ゴマ・ひまわりの種・チアシードなど入り)

スタンダードなピーナッツバターも「滑らか」「ザクザク」「超ザクザク」とその度合いが選べちゃう。

③その割にお手頃

そんなに高くないのも嬉しい。これが$20とかだったら絶対買わないけど、1つ$6〜7。友人へのお土産にもいいですね。

可愛いパッケージで、海外のおしゃれ食品な感じがする

どうやらパッケージにもこだわっているらしく、確かにおしゃれな感じ。KALDIとかに売っていそうですよね。

「可愛い!」という見た目のインパクトも大きいので、特に女性へのお土産にぴったりだと思う。

FIX&FOGGのピーナッツバターはどこで買える?

直営店はウェリントンにしかありませんが、スーパーマーケットでも購入できます。

①ウェリントンの直営店

  • 住所:5 Eva Street, Te Aro, Wellington
  • 営業時間:9:00〜3:00
  • 定休日:月曜日
ウェリントンに旅行する場合、直営店に行くのがおすすめ!シティの路地裏で営業しています。
 
この店舗ではイートインもできて、ピーナッツバターを塗ったトーストやポリッジ(お粥)が食べられるそう。
 
食べ終わった後の瓶を回収していたり、詰め替えの中身だけを販売していたりと、環境への配慮もきっちりしています。

②スーパーマーケット(Countdown、New Worldなど)

ウェリントンにはいかない…という人もご安心を。FIX&FOGGSのピーナッツバターはスーパーでも販売されています。

もしかしたらお土産やさんも売っているのかもしれませんが、割高になるかも。

国内チェーンのCountdown(カウントダウン)やNew World(ニューワールド)は、セールで安くなっている可能性もあるので、お土産やさんよりもおすすめです。

FIX&FOGGのピーナッツバターを買ってみよう

個人的には、FIX&FOGGのピーナッツバターはとてもニュージーランドらしい製品だなあと思います。

  • しっかりとした品質の原材料しか使っていない(遺伝子組み換えなんてありえない!)
  • 地産地消でエシカル(倫理的)
  • 環境への配慮(直営店では詰め替え缶持参を推奨)
  • コミュニティとのつながり(各団体へのチャリティ・ファンドレイジング)

こういうコンセプトが好きな人・可愛い食品が好きな人・ピーナッツバターLOVERな人はもちろん、定番以外のニュージーランド土産が気になるという人は、ぜひ旅行の際にチェックしてみてくださいね!

わたしもまた違うフレーバーを買う予定です!

関連記事はこちらから

■ニュージーランド土産の定番と言えるのが「Cookie Time(クッキータイム)」のクッキー。ザクザクしていて美味しいんです!クイーンズタウンに行ったら直営店を訪れてみましょう。

クイーンズタウンに行ったらクッキータイムの直営店へ!焼きたてクッキーが食べられちゃうよ
ニュージーランドのお土産として大人気の「クッキータイム」。クイーンズタウンにある直営店は、できたてのクッキーやオリジナルスイーツ、お土産も買えるのでおすすめ。今日はクイーンズタウンのクッキータイム直営店についてご紹介します。

■その他ニュージーランドに来たら買ってみたいお土産情報はこちらの記事で紹介しています。

スーパーで買える、おすすめのニュージーランド土産10選
ニュージーランドでお土産どうしよう?迷った時におすすめしたいのが、スーパーマーケット。バラマキ土産にも使える、スーパーで買えるニュージーランド土産を7つ紹介します!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント