ベトナムの秘境、サパ。天気・服装・行き方など基本情報をまとめました

海外旅行
スポンサーリンク

ベトナム旅行の穴場といえば、中国との国境近くに位置するサパ。ちょっと行くのが大変ですが、美しい棚田の風景と少数民族たちに感動すること間違いなし!「ハノイやホーチミンもいいけど、ベトナムの田舎に行きたいなあ」と思っている人にはおすすめの場所です。

ただ、サパの情報ってまだあまり出ていなくて、「何着てけばいいの?」「どうやって行けばいいの?」という人は多いと思います。そこで、この記事では、サパへの行き方・ホテル・ツアーの申し込み方法・天気や服装についてまとめました。

サパ旅行を検討している人は、情報収集にぜひご覧ください。

サパってどこ?何が有名なの?【少数民族の村】

ハノイやホーチミンと比べて、まだまだ知名度が低い「サパ」。ベトナム北部のラオカイから山道を行ったところに位置するサパは、「山の中の小さな村」って感じです。

サパの何が有名かというと、「棚田」だと思います。私はアジア一美しいと言われる棚田の田園風景が見たいという気持ちで、夫を説得し、サパへと行くことにしました。

※画像はイメージ。田んぼと少数民族のコントラストが美しいですね。

また、サパ周辺の村々には少数民族が住んでいて、街中で美しい伝統衣装を着た彼女たちに会えるのだとか!こちらも楽しみでした。

ベトナムだけど寒い!サパの天気は?

地図をご覧いただいてもわかる通り、サパは山の中に位置しているので結構寒いです。参考までに同じ日(2020年2月11日)の気温を他都市と比較してみると…

サパ 天気

サパ、とっても寒い!

「ホーチミンやハノイが暑いし、サパも同じベトナムだし、薄着で行こう」と思っているとえらい目に遭う可能性アリなので、注意が必要です。

http://hikersbay.com/climate/vietnam/sapa?lang=enからお借りしました。

ちなみにホーチミンなど南のほうだと雨季と乾季のみですが、サパは四季があります。

棚田を見たいならベストシーズンは9月〜10月

サパで棚田を見たいのなら、田植えの4月下旬〜、稲刈りの9〜10月がおすすめだそうです。わたしは3月下旬に行ったのですが、確かに棚田には何も植わっていなくて思ったほどきれいじゃなかったです。

「棚田の美しい風景が見たい!」という人は、特にしっかりと季節を選んで訪れるようにしましょう。こちらのサイトに、天気やベストシーズンについて書かれているのでご覧ください。

防寒具必須!1〜3月に訪れるときの服装

日本と同様1〜3月は冬なので、結構冷えます。3月末に行ったときは、結構暖かいな〜くらいで、暑い!ということはなかったです。わたしは、ウインドブレーカー+半袖のワンピース+レギンスでちょうどよかった。

サパ 服装

実際にサパに着て行った服装例。これにレギンスを合わせていました。

寒いときはこれに薄手のカーディガンを着たり。特に、朝夜は冷えることもあるので、サパに行くときは次のような服を準備していくといいと思います。

  • パーカー・カーディガンなど羽織れるもの
  • ウインドブレーカー
  • 半袖(中に着る用・トレッキングしてると暑くなってきます!)

サパのツアーはハノイで申し込みました!現地でも申し込める

サパではぶらぶら街歩き…も楽しいんですが、山間部だけあって観光のメインはトレッキング。そのためトレッキングツアーに参加する人が多いようです。

ツアー申し込みは次の3通りがあります。

  • 日本でツアーを予約していく
  • 最寄りの都市ハノイで予約していく
  • 現地に着いてから予約する・自力でまわる

①日本からのツアーを予約していく

日本のツアー会社でも、サパへの旅行を企画しているところがあります。日本からの航空券・ホテル・旅程など、すべてこみの場合もあるようです。

現地での時間を無駄にしたくない・色々と手配するのが面倒・個人旅行をしたことがないという人におすすめです。

安めのツアーを探すならkkdayがおすすめ(英語ツアーが多めです)!他にも観光施設のチケットや電車・バスのチケットも販売しています。
【KKday】海外現地アクティビティを日本語で楽々予約!簡単決済!

<オススメ!>日本語ツアーで安心なのがタビナカ。ツアー参加者からの評価も高いので、安心&楽しく観光できます。
全ツアーが日本語ガイド対応!海外ツアーならタビナカ

ベルトラのツアーもおすすめ。会員登録したらポイントが貯められるので、よく旅行する人には嬉しいですね。
海外で日本語ツアーに参加したいなら!VELTRA(ベルトラ)

②ハノイでツアーを予約する

ハノイには旅行代理店がたっくさんあるので、そのうちの1つで手配することもできます。

サパへの足(バスや電車)を予約するか、ツアーそのものを予約するか、どちらでもOK。値段もツアー内容もピンキリなので、自分の予算や目的に合わせて選べます。

ベトナムにいる時間に余裕がある・自分でいろいろと手配してみたい・でも全くのノープランでサパまで行くのは不安だという人におすすめ!

ちなみに、私もハノイでツアーを予約していきました。ホテルが旅行代理店業務もしていたので、そこでさくっと申し込み。

ハノイ・サパにいられる日程が決まっていて時間を無駄にしたくなかったので、この方法をとって正解だったと思います!サパで予約しようとしていたら、多分すごい怠け者になって、ホテルでゆっくりするだけで終わっていた気が…

③サパで予約する・個人でまわる

サパまでのバス・電車を予約し、現地でツアーに申し込む方法もあり。街にはバックパッカーを中心に観光客が多いので、ツアーも充実しています。

また、予算を抑えたい人は個人でまわるという方法もあります。あるけど、上級者向けだと感じたので、ツアーでまわることをおすすめします。

事前に予定を積み込むのは嫌・その日の気分で何をするか決めたい・予算をできるだけおさえたいという人におすすめ!

おすすめはカットカット村とトレッキング

サパのツアーでおすすめなのが、上でもご紹介したトレッキング。たいていの場合モン族のガイドさんがついて、一緒に険しい山道を歩きながら美しい風景を臨むことになります。

サパで1泊2日のトレッキング!全行程・注意点・見所などをまとめました
ベトナムはサパと言えば、トレッキング!青々しい山に囲まれた美しい棚田の風景を楽しむことができます。トレッキング初心者の私でも楽しめた、サパの1泊2日のトレッキングツアーについてご紹介します。

これはもう本当に楽しくて、サパに行ったら絶対に参加してほしいです。1泊2日と日帰りどちらでもいいので、自分の体力が許す限り、サパでの山道散歩を楽しんでください。

ほかにはカットカット村も結構楽しかった。観光地化されていますが、それもまた楽しい感じです。

サパ近くのカットカット村は、棚田が美しい観光名所でした【行き方・場所・滝・レストランなど】
ベトナムの中でも秘境と呼ばれているサパですが、山岳地帯にあるので観光のメインは「トレッキング」。綺麗な風景は見たいけど、トレッキングは勘弁…という人でも楽しめるのが、サパ近郊のカットカット村。この記事では、カットカット村の場所や行き方、楽しみ方などをご紹介します!

サパへの行き方はバスか電車のみ。飛行機はなし

サパには空港がないので、ハノイ経由でバスか電車で行くのが一般的です。

①バスはふつうの長距離バスだと結構快適!

バスだと大体6時間くらい。「スリーピングバス」と呼ばれる横になれるバスと、ふつうの長距離バスがあります。

横になれるほうが楽そう…と思いますが、マットが薄いのか、フルフラットじゃないのか、とにかく寝心地は最悪らしいです。 サパで出会った旅行者が「バスのせいで腰が痛い…」とぼやいていました。

ふつうの長距離バスのほうが値段は高いけど、座り心地を考えたらこちらがおすすめ!ちなみに私たちはスリーピングバスが売り切れてて、強制的にふつうのバスになりました。笑 結果としてよかったかな〜。

山道くねくねで車酔い必至!酔い止めを絶対に持参して

サパは山の中にあるので、そこまでたどり着くのがいばらの道。ラオカイという最寄りの街に着くまでは平坦な道で何の問題もないのですが、そこから40分くらいは地獄でした。

とにかく寝て酔いを防ごうと思ったのですが、くねくね道なので、本気で寝ると頭が左右に揺れて窓に激突…。

結果、とても気持ち悪くなりました。涙

帰りの道はそうでもなかったんだけど、休憩所で気持ち悪そうにしている人を見て、「わかる!めっちゃわかるよ〜」と(心の中で)共感。酔いやすい人は酔い止めを絶対持って行ってください!

②バスより人気な寝台列車!乗り心地は悪くないらしい

ベトナム南北にまたがる統一鉄道。ハノイ〜サパ間を走る電車を使うのも人気なんだそう。

私は体力がないので、「寝台で着いた後トレッキングは無理だ」と判断して見送りました。ヘタレ

サパで出会った旅行者の中には寝台で来た人もいましたが、みんな楽しかった!と話していました。せっかくなら乗ってみるのも楽しそう。

サパの街はどんな感じ?中心地は観光客向けの店と食堂ばかり

ちなみにサパは人口9000人弱の小さな街。観光業で成り立っているようなイメージを受けました。

街中は、お店はたくさんあるけど、食堂や観光客向けのお土産屋、旅行店が多め。看板や店の感じが古くて、(言い方悪いけど)何十年か前にタイムスリップしたみたい。

サパ ベトナム

サパの中心地は、店はたくさんあるけどなんか古びた感じ。

おまけにバイクの排気ガスがすごいもんだから、街はどんより。なんとなく昔の中国っぽいなあと思ったのは、サパが中国とすぐ隣だから?

サパ ベトナム サパ ベトナム

わたしは着いてすぐトレッキングで、あまり街中を散策できなかったのですが、街を歩くのも楽しそうでした。

また、トレッキング用品を売っているお店もあったので(THE NORTH FACEなど!)、偽物だとは思うんですが、現地で調達することもできそうです。

以上、サパ旅行を考えている人におすすめの情報でした!

将来的に空港が建設されるという話も。そうなったらもっと近代化されるだろうし、「山の田舎町」な雰囲気が残っている今訪れるのがおすすめです。

関連記事はこちらから

▽ホイアンのArt Gallery Museum ではベトナムの少数民族について学ぶことができます。サパへ行く前だったので、少数民族に会える!というのがとても楽しみになりました。

404 NOT FOUND | ひつじ日和
ニュージーランドで暮らしてみた、生活・美容・旅行のあれこれ

▽その他東南アジアで自然が美しかったところといえば、タイのタレーブアデーン。湖一面に広がる蓮の花はとても幻想的でした。

【蓮の湖】タイ観光の穴場スポット!絶景・タレーブアデーンへ【ウドンタニからのツアーとおすすめ時期】
タイらしい絶景を見たいという人におすすめ!「蓮の湖」「睡蓮の海」と称されるタレーブアデーンに行ってみました。最寄りの街、ウドンタニからのツアーやおすすめの時期についてご紹介します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

コメント