【ロックダウンから10日経過】ずっと家にいて感じたことをまとめました

コロナウイルス関連
スポンサーリンク

ロックダウンが始まって10日が経過しました!

最初はどうなることやら…と不安だったのですが、思った以上にスムーズに進んでいます。ずっと家にいて感じたことを書いてみようと思います。

誰かの参考になりますよう。

在宅時間99%!ロックダウンでずっと家にいて感じたこと

NZのロックダウンは、買い物&通院と散歩&自転車以外は家にいることが基本なので、1日の99%は家にいます。多分、この10日間で外出したのはこれくらい。

  • スーパーに買い物:1回
  • 近くを散歩:3回
  • ゴミ出し:1回

10日間、家にいて感じたことはこんな感じ。

①意外と平気

最初、「家にずっといるなんて窮屈すぎる〜〜〜」と思っていたのですが、意外と平気でした。

やることを前もって決めていたので、毎日「これをやろう」「あれをやろう」というのがあるので、退屈だと感じたことがありません。

周りの人たちも案外楽しそう

こういう言い方は不謹慎ですが、ロックダウンをしている人たちは割とこの状況を楽しんでいる気がします。退屈な状況をどうやって楽しむか、みんな本当にクリエイティブで。

画像はNZ Heraldからお借りしました。

ショベルカーにロープやブランコをくっつけて子どもの遊戯にしちゃったり、

Covid 19 coronavirus: Rotorua dad gets creative with lockdown boredom busters
Rotorua's Philip Macfarlane has demonstrated creativity and Kiwi ingenuity.

(↑リンクに動画があります)

画像はNZ Heraldからお借りしました。

家族でダンスを考えてロックダウン・ブギーを作っちゃったり(衣装とかも本当に凝ってる!)、

Covid 19 coronavirus: Wellington family's hilarious 'Lockdown Boogie'
A Wellington family has become an overnight online sensation with their 'Lockdown Boogie'.

(↑リンクに動画があります)

画像はStuff.co.nzからお借りしました。

散歩に出た子どもたちのために窓際にテディベアを置いている家があったり、←地味に大人でも楽しい。「あ、あの家テディベアじゃなくてユニコーン飾ってる!」的な

企画者のHilary、ティアラまで着けちゃってるし。画像はNZHeraldからお借りしています。

NZのテレビキャスターが自身のSNSで「Formalfriday(金曜日はフォーマルな服で過ごそう!」キャンペーンを展開したり、

「退屈だから家に出よう!」ではなく、「どうやってロックダウンを楽しむか」を考えている人が多いなと思います。

※我が家もテディベアハントになるようぬいぐるみを飾ってます。クマがないので犬と豚ですが。

でもやっぱり人が恋しい

ただ、人と会わない・話さない日が続くと気分が落ち込みます。家族と話すのもいいんですが、たまに誰か違う人と話したくなる。

ロックダウン・外出自粛となったときに、特に1人暮らしの人は気分が落ち込んだり鬱になったりする可能性が高いと思うので、SkypeやZoomで友人や離れて住んでいる家族と連絡を取り合うことが大切だと思います。

②コロナウイルスへの恐怖が減った

ロックダウンが始まってから感染者は着実に増えているのですが、「自分も感染するかも」という不安・恐怖は確実に減りました。

だってずっと家にいるしね。

もちろん「いつ終わるんだろう…」「経済はどうなるんだろう…」という不安はあるけど、少なくとも自分が感染するかも・すでにしているかも・あの人は陽性だろうか・自分が誰かに感染させて殺めてしまうかも…という不安はなくなったので、ホッとしています。

当たり前ですが、感染を広めないためにはできる限り家にいることが大切だと思います。「外だったら大丈夫でしょ」とか思わずに、家にいることが自分や自分の周りの人を守ることにつながりますよね。

③お金が全然減らない

外食もしない・カフェも行かない・買い物にも行かない…その結果、お金が全然減らなくなりました!

NZは基本オンラインストアも停止しているので、オンラインショッピングもできないしね(当然だと思う。宅配する人から感染が広まるかもしれないし)。

家に大人しくいるってこんなにもお金がかからないんだなと驚いています。

他にもロックダウンの副次効果として「空気がきれいになった(排気ガスが減った)」などの効果が世界中で報告されているそうです。環境にはいいってことか。

でも、そんなの全然嬉しくない。涙 世界中でお金が回らなくなっているってことですしね。

④お腹が減らなくなった

しょうもなくてすみません。汗

でも、ロックダウンを始めてから食べる量が明らかに減りました!2週間分くらいは食料を揃えているのですが、このままだと3週間くらいは買い物に行かなくて済みそう。

ただ、お酒を飲みまくって毎日ジャンクフードばかり食べてる人もいるそうなので、ロックダウンが終わる頃には痩せる人と太る人に分かれてそうです。

ロックダウンが始まって、何が恋しいか

こんな感じでロックダウンは問題なく遂行できているんですが、普段していたことができないというのはやっぱり寂しいです。

特に恋しいなと感じているのが、

  • カフェ
  • アウトドア(登山・ビーチなど)
  • 友達と会うこと
  • 仕事!!!

自分でもびっくりですが、早く仕事に行きたいと思っています。毎日文句をたれていたのに、ロックダウンが始まって、当たり前のようにあった日常がいかに貴重だったのかというのを感じています。

世界中で広がっている感染者と死者のニュースを見ると、気持ちがめげそうになりますが、できる限りの対策をして、毎日を過ごしていくしかないんですよね。

本当に、本当に、早く事態が収束しますよう。

▽ロックダウン中の子どもにおすすめなのがメッシープレイ。リラックス効果もあり、子どもの成長にプラスなことがたくさんあります。

外出自粛・ロックダウン中の子ども達に!「メッシープレイ」がおすすめな理由と遊びの例
「家にいるの飽きた!」というのは、大人も子どもも同じ。もちろん近くの公園に遊びにいく、なども子どものストレス解消になりますが、家でできる遊びでおすすめなのが「メッシープレイ」。NZで保育士をしている筆者が、自宅でもできるメッシープレイの利点・遊び方についてご紹介します。

▽在宅での仕事が疲れた時は、簡単にリフレッシュできる方法を知っておくことが大切です!

リモートワーク・テレワークに疲れたよ!合間でできるリフレッシュ法
コロナウイルスの関係で、リモートワーク・テレワークを余儀なくされている人も多いと思います。普段よりもぐっと運動量も減り、ストレスがたまりやすいので、ちょっとの時間でできるリフレッシュ法を考えてみました!
コロナウイルス関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひつじ日和

コメント