2ヶ月の東南アジア周遊のルートと交通手段まとめ【タイ・ラオス・ミャンマー・カンボジア・ベトナム】

旅行
スポンサーリンク

長らく書き残してきた東南アジアの旅行記事も本編(?)は終了です。

今思い返しても楽しかったな。

せっかくなので、私たちがまわったルートと国についてもう少しまとめていきたいと思います。

  • 東南アジアまわりたいけど、どんなルートで行こう?
  • 移動手段は何がいいだろう?
  • どの国・どの都市に行こう?

そんな悩みを持った方は是非ご覧ください!

東南アジア旅行の全ルートを地図にしてみたよ

まずは全ルートをマップで表示するとこんな感じに!

まわった国は、

  • タイ
  • ラオス
  • ミャンマー
  • カンボジア
  • ベトナム

の5カ国。

ちなみにラインの色の違いは、

  • 青色…飛行機を使ったルート
  • 黄色…バスを使ったルート

です。

次の章から詳しくご紹介していきますね。

①タイ(チェンマイ・ウドンタニ)

飛行機でチェンマイ入りして観光。チェンマイは田舎すぎず都会すぎず、観光客もたくさん。東南アジア周遊最初の都市としてはなかなかいいチョイスでした。

404 NOT FOUND | ひつじ日和
ニュージーランドで暮らしてみた、生活・美容・旅行のあれこれ

その後飛行機でウドンタニへ。ウドンタニの都市自体はそれほど観光する場所はありませんでしたが、近くの「睡蓮の湖」タレーブアデーンは行ってよかった!

【蓮の湖】タイ観光の穴場スポット!絶景・タレーブアデーンへ【ウドンタニからのツアーとおすすめ時期】
タイらしい絶景を見たいという人におすすめ!「蓮の湖」「睡蓮の海」と称されるタレーブアデーンに行ってみました。最寄りの街、ウドンタニからのツアーやおすすめの時期についてご紹介します。

②ラオス

ウドンタニからラオスの首都、ビエンチャンは割とすぐ近くなので初のバス移動。置いてきぼりになるところでしたが、なんとか国境越え。

404 NOT FOUND | ひつじ日和
ニュージーランドで暮らしてみた、生活・美容・旅行のあれこれ

その後、ラオス国内の道路事情が悪く山賊が出るという情報にビビり、ビエンチャンからルアンパバーンへの移動は飛行機を使います。

404 NOT FOUND | ひつじ日和
ニュージーランドで暮らしてみた、生活・美容・旅行のあれこれ

③タイ(バンコク)

ルアンパバーンからはまたまた飛行機を使い、タイの首都バンコクへ。バンコクではタイ料理を食べ歩き、マーケット巡りを楽しみました。

カオマンガイからガパオまで!バンコクで食べたいタイ料理とおすすめレストラン
バンコクに行ったら何食べる?そんな方におすすめの、バンコクおすすめのタイ料理をご紹介します。カオマンガイからガパオまで、ちょっと穴場な食堂も。

④ミャンマー

バンコクからミャンマーの首都ヤンゴンへも飛行機で。陸続きだからバスを使うか?とも考えたのですが、あまり情報がなかったのが怖くて。ミャンマーは未知の国だったので、安全面を重視しました。

結果的にミャンマー超いいところだったんだけどね。

東南アジア最後の秘境!ミャンマー旅行が超おすすめな理由【持ち物・費用・治安など】
東南アジア最後の秘境とも言われるミャンマー。まだまだ旅行先としてはマイナーですが、実はとてもおすすめ!その理由と持ち物・ビザなどについてご紹介したいと思います!

ミャンマー国内では高速バスを駆使しました。このバス、リクライニングもできて軽食も出て、とにかく居心地がよかった。バガン・インレー湖を駆け足で観光し、再びヤンゴンへ戻ります。

天気が悪くてもOK!曇りのバガンを楽しめる観光スポット3つ
ミャンマーの古都、バガンに行きました。あいにくの曇り空でも十分楽しい!バガンでおすすめの場所3つと移動手段・朝日鑑賞についてまとめました。
ミャンマーに行ったらはずせない!見どころだらけのインレー湖観光【ツアー・見どころ】
ミャンマーではインレー湖にも足を伸ばして観光を楽しみました。ボートツアーで訪れた場所・ツアーの申し込み方法・料金などをご紹介します!

⑤タイ(バンコク)

どんだけタイ好きなの?って聞かれそうですが、ヤンゴンからバンコクへ。1日滞在で、カンボジア移動への経由地という感じでした。

⑥カンボジア

バンコクからカンボジアへは高速バス!結構利用している旅行者が多いみたいで、情報も多く、安心して乗ることができました。

カンボジアではアンコール遺跡群のあるシェムリアップを観光しました。

アンコールワットだけじゃない!アンコール遺跡おすすめスポットの王道を攻めてきた
アンコール遺跡といえばアンコールワットが有名ですが、それ以外にも訪れたい場所がたくさんあります。私の行ったアンコール遺跡とそのオススメ度をまとめてみました。

⑦ベトナム

シェムリアップからホーチミンまでもバス移動。プノンペンでのバス乗り換え、1日がかりの大移動でくたくたになりました。

その後はホーチミンで美味しいご飯に食倒れたな〜。

フォーにバインミー、バインセオまで!ホーチミンで絶対食べたいおすすめベトナムグルメ6選
ホーチミンに来たら、やっぱりベトナム料理を楽しみたい!フォーに生春巻、バインミー…美味しい料理の宝庫・ホーチミンで食べたおすすめグルメとレストランをご紹介します!

ベトナム国内は主に飛行機を使いました。LCCが就航しているので、バスと同じくらいの値段で飛行機乗れちゃうからね。ホイアン・ハノイでも食い倒れの日々は続く。

404 NOT FOUND | ひつじ日和
ニュージーランドで暮らしてみた、生活・美容・旅行のあれこれ
ハノイに来たら絶対食べたい、おすすめローカルグルメ6選
ハノイには美味しいローカルグルメがたくさん!訪れたら是非食べてほしい料理を5つ紹介します。フォーやバインミーもいいけどローカルグルメでハノイを満喫してみては?

ハノイ⇆サパ間は陸路しか移動手段がなかったので、バスを利用しました。

ベトナムの秘境、サパ。天気・服装・行き方など基本情報をまとめました
ベトナム旅行の穴場といえば「サパ」。ちょっと行くのが大変ですが、美しい棚田の風景に感動すること間違いなし!サパへの行き方・ホテル・ツアーの申し込み方法・天気と服装についてまとめました。

東南アジア旅行のルートの決め方

私がルートを決めるにあたって気をつけていたのは次の2点。

①なるべく隣の都市に移動するようにする

地図をご覧いただけばわかる通り、基本的に次から次へと隣接する都市に移動しています。だって、どう考えてもバンコクからベトナムに飛んで次ミャンマーとか効率悪すぎでしょ。

国境を接している東南アジアだからこそ、隣接する都市へのバス移動に挑戦してみたいなあと思ったのもあります。

短期旅行の場合は飛行機移動がメインかと思いますが、あっちこっち行ったりすると時間もお金もかかるので、素直に近くの都市を行くのがいいです。基本的だけど。

②最初と最後を大都市にする(冒険は真ん中に挟む)

私はタイIN・ベトナムOUTと決めていました。「国際線のある場所を最初と最後にする」というのもありますが、最初は大都市で徐々に旅行に慣れ、慣れてきた頃に冒険する場所を挟み、最後は再び大都市でリラックスがいいかなあと思って。

③イベント・祭りがあればそれ優先で考える

私はウドンタニのタレーブアデーンにどうしても行きたくて、しかも睡蓮の見頃が2月末までだったので、少し無理して行ってしまいました。

ルートを考えると余計な観光だったかもしれない。もしタレーブアデーンに行く予定がなかったら、チェンマイ→バンコク→ルアンパバーン→ヤンゴンと続けていたかも。

でも全く後悔はなし!せっかくの旅行なので、見たいものを最優先するべきだからです。思い切る時は思い切りましょう。

東南アジア旅行の移動に役立ったWebサイト

中長期旅行だと、旅をしながら次の移動の手配をしなければいけないので結構大変。私は海外航空券を販売しているWebサイトを駆使していました。

時間があるときにチェックして、早めに航空券を押さえておくといいかも。バスは割と前日予約でも行けるところが多かったです。

東南アジア旅行は飛行機とバスを賢く利用して!

私たちは結構飛行機も使っちゃったので、バックパッカーからしたらヘタレ旅行者かもしれません…。

だって体力ないもん。

でも、2ヶ月くらいだから飛行機を使えるところは使うほうが賢いんじゃないかなと思いました。飛行機やバスを上手に利用して、ぜひ東南アジアを周遊してみてくださいね!

旅行 東南アジアまとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひつじ日和

コメント