離乳食スタート!ゴックン期に食べた食材、形状、進め方など

離乳食 ゴックン期 タイミング 食べたもの 子育て
スポンサーリンク

0歳児育児に慣れてきたところで始まるのが、「離乳食」。

振り返り投稿ですが、離乳食初期(ゴックン期)についてまとめます。

我が家が離乳食を始めたタイミング、食べた食材、調理法などについて紹介していくので、どなたかの参考になれば幸いです!

離乳食ゴックン期~始めたタイミング

我が家は5ヶ月半(25週目)でスタートしました!

離乳食を始めるタイミングですが、保健師さんからもらったリーフレットを見ても、ネットでチェックしても大体こんな感じ。

・月齢が5~6か月である(修正月齢が言われている場合は、修正月齢でカウント)
・首のすわりがしっかりしている
・支えると座ることができる
・食べ物に興味がある(親が食べているのを見て、口を動かすなど)

離乳食はいつから?6ヶ月からでOK?|母子栄養協会

私はまあそんなに急がずとも、6ヶ月くらいでいいかなあと思っていたのですが、娘の食べたい意欲がとにかくすごくて。

  • 大人がご飯を食べるときに膝に乗せたら皿の上の食べ物をつかもうとした
  • 食べる様子をじーっと見ている
  • コーヒーを飲んだマグカップにかじりつこうとした

こんな様子を見て、「あ、この子もう準備できてるじゃん」と思い、前倒しで開始しました。

離乳食ゴックン期に食べたもの

離乳食ゴックン期(5~6ヶ月)の間に食べた食品は、20品目した!

  • 白米(ライスシリアル)
  • にんじん
  • さつまいも
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • かぼちゃ
  • 玉ねぎ
  • 豆腐
  • ひよこ豆
  • インゲン豆
  • 白身魚
  • じゃがいも
  • グリーンピース
  • 卵黄
  • トマト
  • ピーナッツクリーム
  • しらす
  • コーン
  • レタス
  • ズッキーニ

野菜とたんぱく質が主で、フルーツはあげませんでした。

フルーツは後から食べても好きになってくれそうなので、野菜をとりあえずあげてみようかなあと。

10倍がゆは一切作らず

離乳食デビューは10倍がゆという人が多いと思いますが、私はライスシリアルのみで貫き通しました。

なんか、10倍がゆをうまく作れる気がしなくて。汗

あと、ライスシリアルは鉄分が豊富と聞いたのでそちらのほうがいいと思ったのも理由の1つです。

▽iHerbでGerberのライスシリアルを購入しました。

最初の野菜はBFで

最初の野菜はにんじんでしたが、これも自分では作らず。

▽Gerberさまさまでございます。

なぜBF(ベビーフード)にしたかというと、私が調理するよりも美味しいと思ったからです。汗

せっかく頑張って作ったのにぺっとされたらショックも大きいと思ったので、BFからスタート。

他にも、さつまいも、かぼちゃ、インゲン豆、グリーンピースはGerberのBFを使いました。

ひよこ豆をタンパク源に

ニュージーランドは日本ほど魚のチョイスがないので(あっても自分でさばかなきゃいけないとか、値段が高いとか)、ひよこ豆をタンパク源としてあげました。

ちなみに初めての白身魚はTarakihiというニュージーランドの魚をチョイスしました。

アレルギーが心配な食材は少量ずつ

卵黄とピーナッツクリームにトライしました。

ピーナッツクリームはゴックン期から始めるのに賛否両論ありそうですが、ニュージーランドでは初期からの摂取を推奨されているので、それにならいました。

塩と砂糖が無添加(ピーナッツ100%)のものを使用しました。

下ごしらえが面倒なものはBFで

はい、出たよ!BFの出番です。

私がBFであげたのはコーンとズッキーニ。

日本みたいに離乳食用の裏ごししたコーンがあればいいんですが、そんなものはないので、かと言って自分で裏ごしする気にはならずBF様に頼りました。

よく考えたら、これ以来コーンあげてないかも…汗

離乳食ゴックン期に役立ったもの

ゴックン期はペースト状(ピュレ状)が原則なので、下ごしらえが面倒ですよね。

私が使ってよかったと感じたものは、以下の通り。

冷凍小分け容器

まとめて作って冷凍保存していたので、超必需品でした。

リッチェルの容器が定番ですが、手に入らなかったのでこちらで手に入れたものを使用しました。

茶こし

ダイソーで買った茶こしを裏ごしに使用。

ほうれん草やトマトの裏ごしに大活躍でした。

結局、数ヶ月で壊れてしまったのですが、ゴックン期以降は使用頻度も下がるので、特に困らなかったです。

でも、ゴックン期には必需品だと感じました。

ブレンダー

我が家はBRUNOのマルチスティックブレンダーを使用しました


こちらも離乳食定番商品ですね。

特ににんじんとさつまいもをマッシュするのに大活躍でした!

マンチキン ホットセーフティースプーン

マンチキンホットセーフティースプーンは初期の小さなお口にも合うフォルムがよかったです。

さらに、熱いと温度が変わるのも便利でした。

B box シッピーカップ

離乳食開始と同様ストローマグをスタート。

B boxのシッピーカップは、評判通り落としてもこぼれないし、とても便利でした。

ちなみに、我が家の飲み物は湯さましオンリーです。

最初はルイボスティーもあげていましたが、水が1番いいなあという私の独断と偏見(楽、将来水嫌いになったら困る)で、湯冷ましオンリーとなりました。

本人もゴクゴク飲んでいます。

シリコンじゃないビブ

シリコンビブも用意していましたが、最初は使用しませんでした。

というのも、まだつかみ食べをしないので、軽くて薄い素材のビブのほうが使いやすいと感じたためです。

つかみ食べをするようになってからは、こぼしたものをポケットでキャッチできるシリコンビブが大活躍です!

スマホスタンド

1人で離乳食あげている時でも、動画を回せるので便利です。

初めて食材の時は、どんな反応するか?が楽しみで毎回撮影していました。

あとで家族と動画をシェアできるのでおすすめです!

椅子は購入しなかった

まだ腰がぐらぐらしていたので、バンボやハイチェアなどは購入せず、膝に乗せて食べていました。

離乳食時以外にローチェアを買う必要性を感じられなかったので、無理に購入しなくてもよかったと思います。

現在はハイチェアを使用しており、結局ローチェアは買わなくて良かったです。

初めての離乳食、食べる我が子に感動!

以上、離乳食ゴックン期についてでした。

個人的には、初めて「食べる」我が子を見るのも楽しく、さらに毎回どんなリアクションするかな?と新食材を試すのも楽しかったです。

今後もモグモグ期・カミカミ期についてまとめていきたいと思います!

子育て育児
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひつじ日和

コメント