チョコ大好き!なわたしが1ヶ月でお菓子をやめた簡単な方法4つ。嬉しい体の変化も

生活習慣
スポンサーリンク

チョコレートにケーキ、アイスクリーム…甘いものって美味しいですよね。でも、食べすぎると太るし、肌も荒れるし、体にいいことなんてない!「甘いもの食べるのやめたいな…」と悩んでいる人って結構多いのではないでしょうか?

わたしもかつては「砂糖中毒?」ってくらい甘いものを欲していたのですが、その状態を克服して今では「ほどほど」が守れるようになっています。

「砂糖断ちしたい、でも甘いものやめられない!」という人のために、わたしが実践した方法をご紹介します。

砂糖大好き!お菓子大好き!それって砂糖中毒かも?

砂糖依存 やめたい 方法以前のわたしは今考えるとドン引きするくらいの甘党でした。

  • チョコレートを食べ過ぎて夕食が食べられない
  • クッキーを一袋丸ごと食べる、気持ち悪くてもやめられない
  • 何か食べたいと思ったらまずクッキー
  • 特にストレスが溜まった時はチョコレートを一気食いするのが幸せ
 

…なんかもう、本当に病気みたい。でもこれってやめようと思ってすぐにやめられるもんじゃないんです。

「今日は甘いお菓子はやめよう」と思っても、仕事から終わって帰ってくるとイライラ・疲れていて、甘いものが食べたくなる。

お菓子の食べ過ぎは圧倒的に害のほうが大きい

ご飯はいらないからお菓子が食べたい。ちょっと依存気味だったんですが、ある時さすがにこれは身体によくないと思い、色々と情報を探し、砂糖がいかに身体に悪いか知ったのです。

  • 虫歯になりやすい
  • 太りやすくなる
  • 脂質を欲して生活習慣病になりやすくなる恐れも
  • 怒りっぽい性格になる
  • 肌が荒れる

長い目で見ても砂糖には百害あって一利なしだと思い、やめてみることにしました。

砂糖の悪影響について知りたい人はこの映画を見て!

ずっと砂糖やめたい、でもやめられない…と悩んでいたわたしのお尻に火をつけたのが、『あまくない砂糖の話』という映画。

『あまくない砂糖の話』予告

超健康的な食生活を送っていた監督が、あえて「砂糖を食べる生活」を敢行し、体にどんな変化が訪れるかという人体実験をおこなったドキュメンタリー映画です。スーパーサイズミーみたい。

この監督はもともとお菓子は食べておらず、彼の食べた砂糖はヨーグルトや加工食品に含まれているもののみ。それでも砂糖の効果を知るには十分です。

結果は見てのお楽しみ…ですが、砂糖をやめようと思うはず。Netflixでも配信されているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

Netflix

砂糖依存から抜け出そう!お菓子をやめるためにしたこと4つ

お菓子をやめて砂糖断ちしようと決めたとは言え、中毒状態からいきなりやめるのは大変です。

そのため、「今回は本当にやめる!わたしの意思は本当に固いから大丈夫!」と、意思の力だけに頼って砂糖断ちするのはおすすめしません。たぶんその意志、3日でなくなるから。

やる気で自分を奮い立たせるよりも、「なぜ」「いつ」「どこで」砂糖を食べたくなるのか考えて、その対策を講じるほうが効果的です。

わたしの場合、次の方法がとても有効的でした。

①寝る!とにかく寝る!ひたすら寝る!

甘いものを欲するタイミングというのを分析してみた結果、「仕事から帰ってきたとき」ということがわかりました。あとはすっごく疲れた日の翌日など。要は疲労が蓄積されるとお菓子を食べたくなっていたんです。

そのため、いつもよりたくさん寝るようにしました。仕事から帰ってきて、甘いものを食べたくなったら、ちょっと仮眠。夜もなるべく早く寝るようにして、とにかく睡眠をたくさんとるように。

寝てスッキリ目覚めたあとは、「お菓子を食べたい」という気持ちはほぼ確実に消えるので、おすすめです。

②砂糖系以外の大好きなお菓子を用意しておく

「どうしてもお腹が減っている」時も、甘いものが食べたくなってしまう。じゃあ甘いもの以外を食べればいいじゃん。ということで、クッキーやチョコレートは食べないようにするため、自分の大好きな食べ物を用意しておきました。

  • 果物(果糖ありですが、加工品ではないので見逃して)
  • アボカド
  • チーズ
  • ナッツ
  • 小魚
  • クラッカー

そして、最初のうちはこれらを「甘いものが食べたい!」という気持ちが消えるまで食べていました。量は気にしていなくて、結構大量に食べていました。

わたしの場合、砂糖が入ったお菓子を食べないようにすることが目的だったので、この方法はとても有効でした。

▽プロテインも有効。特に「マイプロテイン」はお菓子のようなフレーバーもあるので、代わりに飲むのにおすすめです。

マイプロテインは筋トレしてない女性でもおすすめ!購入した味のレビュー
筋トレしている人たちの間で人気のプロテインが、「マイプロテイン」というブランド。英国発のブランドでプロテインを始めサプリなども販売しています。このマイプロテインを購入したところ、とても満足だったので是非ご紹介したいと思います!マイプロテインのメリット・味のレビュー・購入方法などについてまとめているので、気になる方は是非ご覧ください。

③食事をしっかり食べる

「夕食後何か食べたい…」と思うことも多く、甘いものへ手が伸びる危険が。そこで、夕食はしっかりと食べるようになりました。

糖質制限を気にして白米を食べないこともありましたが、白米とお肉を摂取するように。食事をしっかりと食べることで、甘いものへの欲望が少なくなった気がします。

④「ちょっとだけ」をやめて、徹底的にお菓子を排除する

「ちょっとだけなら…」と伸ばした手がとまらなくて、結局1袋食べてしまうということが多かったので、この時は、絶対に、絶対に甘いものを手に取らないようにしました。

「そんな厳しいこと…」と思われそうですが、量を減らすよりも一切お菓子断ちしたほうがやりやすいと思います。少しでも砂糖を食べてしまうと、脳がまた砂糖を欲するんだと思う。

お菓子を一切食べないのに有効なのは、家にお菓子を置かないこと・買いに行かないことです。お菓子を食べたい時って、大抵疲れて動きたくない時なので、スーパーやコンビニにわざわざ行こうという気力も出ません。

仕事の帰りについついお店に寄ってしまう…ということもあったんですが、私はあえて「財布を持たない」という暴挙に出ました。

お金がなければ何も買えないのでね。仕事には免許証のみで通っていたこともありましたw

お菓子をやめるのにおすすめしない方法

  • ひたすら我慢する!空腹でも我慢する!
  • 甘いものが食べたくなったら自分を鏡で見る・憧れのアイドルや女優の写真を見る
  • 水をたくさん飲む

とにかく自分の意思に頼る方法は、おすすめできません。

脳や体の「砂糖くれ!」という強い衝動を抑える意思を持ち続けるのは、超大変です。あまりにも根性論すぎて、私には合いませんでした…。

どんなに「これを食べたら太る」とわかって、自分の体型を見つめたり、綺麗な人の写真を見たりしても、食べたいものは食べたいんですよ。これで砂糖ストップできる人は、本当に意思が強い人だと思う。

あと、「水をたくさん飲む」という方法だと、確かにお腹は膨れるんですが、「甘いもの欲しい」という気持ちはなくなりません。水でお腹いっぱいなのに結局クッキーなんかを食べてしまって意味なし…なんてことも。

結局は、「甘いものを食べたくなったら他の栄養を食べる」「寝る」など、合理的な方法を試すのが1番効率的だなと感じました。

お菓子をやめて1ヶ月、変化と効果はあった?

砂糖依存 やめたい 方法お菓子をやめるためにやってきたことは普通ですが、大事なのは続けること。私の場合、1ヶ月くらいでお菓子を食べたいと思わなくなりました。

お菓子をやめられるまでの経過

実は辛いと思った記憶もあまりなく、割と楽しんでお菓子をやめることができたと思います。1ヶ月もあっという間でした。

お菓子断ちというと苦行のような感じですが、自分に「我慢」だと思わせない工夫ができればそれほどストレスはたまりません。

私は、「お菓子を食べない=何も食べずに我慢する」ではなく、ご飯をしっかり食べたり、間食(チーズなど)もしていたので、それがよかったのかなと思っています。

お菓子をやめて生じた、嬉しい体の変化

  • ちょっと痩せたかな?
  • 吹き出物がなくなった
  • 風邪をひきにくくなった
  • ご飯が美味しくなった
  • 甘いものを欲しなくなった

体重は期待していたほど変わらなかったですw でも、肌は綺麗になり、ニキビや吹き出物とは無縁になりました。改めて、砂糖の量を減らすのは身体にいいことばかりだなあと感じています。

現在では甘いものも食べますが、買ってまで食べようと思わなくなりました。クリスマスにもらったチョコが今も開かずに棚に置いてあります(賞味期限はまだある)。こんなの、2年前の私には考えられないことだった。

甘党で中毒状態の方、絶対に無理と思っているかもしれませんが、意外とできますよ!

お菓子をやめるのは、しっかりと対策すれば「可能」です!

私は意思が強いほうじゃないし、苦しいことや我慢が嫌いなタイプです。

そんな私でも「砂糖にほぼ依存状態」なのを抜けられたのは、無理なく対策を講じたためだと思っています。

自分に我慢を強いるのはやめて、上で紹介したおすすめの方法を参考にして、お菓子の量を減らしてみてくださいね。

生活習慣 美容・健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひつじ日和

コメント